カテゴリー

沖縄ダイビングコンテンツ

お役立ちコンテンツ

安全なダイビングの為にマル優業者を選びましょう

沖縄でより楽しく安全にマリンスポーツを楽しむためのダイビングショップ選びのポイントです。

沖縄海の危険生物

海の中には沢山の生き物がいます。きれいな魚も多いけど、中には危険な生物も!

今日の海情報

毎日更新!沖縄の主要ダイビングポイントの海情報です。

本日の投稿はまだありません。

ゴリラチョップ(崎本部)の海今(朝)の段階では、うねりはありますが水面は風波 もない為、全メニューOKです。

最終投稿:
2010年02月04日

本日の投稿はまだありません。

真栄田岬の海本日の遊泳禁止です。

最終投稿:
2015年11月16日

本日の投稿はまだありません。

砂辺海岸の海

最終投稿:
2015年11月18日

美しく見える海の中ですが、そこには危険...

海の危険生物に注意

海の写真
海は危険がいっぱいです!

美しく見える海の中ですが、そこには危険な生物達が数多く存在しています。

ハブクラゲのように防ぎようがなく刺されてしまう場合もあります。

まずは、どのような危険生物がいるのかを知り、海に入る時は事故の対応を考慮し、二人以上での 入水を心掛け、ショップなどのツアーに参加する方が無難です。

服装としてはラッシュガードは海の危険生物や日差しから身を守る為にも、長袖を着用しましょう。

もし被害にあったら!!

事故の原因となった生物が何なのかしっかりと把握し、応急処置を施し病院へ行くことをお勧めします。

毒の中には激痛ではなく徐々に呼吸困難をおこすものもありますので、息苦しく感じた時は118番・119番へ 緊急搬送を依頼しましょう。

まずは海に行く前に、ぜひ下記生物をご確認下さい。


ハブクラゲ ハブクラゲの写真

被害届の4割がこのクラゲの被害です。

水深の浅い静かな場所を好み、傘径は10~12cm。

触手を伸ばすと1m以上になることも。

刺された部分はこすらずに酢をかけてから触手を取り除いた後、 氷や冷水で冷やす。

患部が広い場合は病院へ。

ホテル等の有料ビーチではハブクラゲの発見により 遊泳禁止になる場合もありますので安心ですが、海岸等では注意が必要です。

ウンバチイソギンチャク ウンバチイソギンチャクゲの写真

刺された部分はこすらず、触手を取り除いた後、氷や冷水で冷やす。

毒性が強いので病院で手当が必要!

イソギンチャク類には手を出さない。

刺されると激痛がありみみず腫れになり、腎臓障害等治療が長期化するケースもある。

ガンガゼ ガンガゼの写真

45℃程度のお湯に60分前後つける。

棘はもろくてすぐに折れるので、取り除くことが難しく病院に行くことをお勧め。

長い棘のある雲丹。

棘が折れやすく毒もある。

激痛があり、腫れ・吐き気や麻痺の症状を起こすこともある。


オニヒトデ オニヒトデの写真

45℃程度のお湯に60分前後つける。

棘は完全に取り、消毒を。放置すると壊疽が起こる可能性有り。

重症の場合は病院へ。

珊瑚の大敵であり棘に毒がある。

駆除は砂や土に埋める。

刺されると激痛、腫れ、吐き気や麻痺する場合ある。

オニダルマオコゼ オニダルマオコゼの写真

毒をしぼり出し、45℃程度のお湯に、60分前後つける。重症の場合は病院へ。

海底に隠れているので踏んでしまうと背びれに毒があり危険。

激痛があり、腫れ吐き気や麻痺の症状が出ることもある。

ゴンズイ ゴンズイの写真

小さな魚でひげと尾っぽに毒があり、集団で固まって泳ぐのでつい触ってみたくなる方もいるようですが、

釣りなどで引っかかったりする場合があります。

毒をしぼり出し、45℃程度のお湯に、60分前後つける。

重症の場合は病院へ。

刺されると激痛があり辺部にも痛みが広がります。

腫脹がひどく麻痺や傷の周辺が壊死した例もあります。

腫れ吐き気や麻痺の症状が出ることもある。


ミノカサゴ ミノカサゴの写真

被害届の4割がこのミノカサゴやオコゼ類の被害です。

特にゆっくり泳ぐ美しいミノカサゴはダイバーにも人気があり事故が発生する要因になっています。

刺されると激痛が走りますが棘を抜き毒をしぼり出し、45℃程度のお湯に、60分前後つける。

重症の場合は病院へ。

綺麗ですが背びれに毒があり危険。

激痛があり、腫れ吐き気や麻痺の症状が出ることもある。

アンボイナガイ アンボイナガイの写真

浅いリーフから水深40m程の所までと広範囲に生息。

昼間は砂に潜っていることが多く強力な毒のため「ハブガイ」とも呼ばれる巻貝。

大きさは8cmで銛のようなものを発射する。

刺されるとひどく痛む毒をしぼり出し、45℃程度のお湯に、60分前後つける。

重症の場合は病院へ。

綺麗ですが背びれに毒があり危険。

激痛があり、腫れ吐き気や麻痺の症状が出ることもあり死亡する事も。

ウミヘビ ウミヘビの写真

ウミヘビはいきなり人を襲う事はありませんが誤って踏んだり、掴んでしまった為に噛まれる場合が考えられます。

傷の上部を縛り、早く傷口から毒を吸引する。

痛みは少ないが危険なのですぐに病院に。

濃い紅茶や日本茶で傷口を消毒し、毒を中和するのも効果がある。

手を出さない事。危険をがなければ人を襲ってくる事は少ない。

神経性の毒で30分前後で呼吸困難、血圧降下、全身麻痺になる危険性がある。


ヒョウモンダコ ヒョウモンダコの写真

傷の上部をしばり、口で吸い出さず(飲み込むと危険)、毒を絞り出し病院へ運ぶ。

綺麗なタコですが、つかまないように。

毒があり麻痺や呼吸困難になる危険性があります。