カテゴリー

沖縄ダイビングコンテンツ

お役立ちコンテンツ

安全なダイビングの為にマル優業者を選びましょう

沖縄でより楽しく安全にマリンスポーツを楽しむためのダイビングショップ選びのポイントです。

沖縄海の危険生物

海の中には沢山の生き物がいます。きれいな魚も多いけど、中には危険な生物も!

今日の海情報

毎日更新!沖縄の主要ダイビングポイントの海情報です。

本日の投稿はまだありません。

ゴリラチョップ(崎本部)の海今(朝)の段階では、うねりはありますが水面は風波 もない為、全メニューOKです。

最終投稿:
2010年02月04日

本日の投稿はまだありません。

真栄田岬の海本日の遊泳禁止です。

最終投稿:
2015年11月16日

本日の投稿はまだありません。

砂辺海岸の海

最終投稿:
2015年11月18日

青の洞窟エキスパート基本ルール及びマナー

【 活動理念 】

  • ・ 私達は、真栄田岬で洞窟プログラムを安全かつ。スムーズに行えるよう活動します。
  • ・ 私達は、真栄田岬青の洞窟プログラムを通して自然環境の保護活動を行います。
  • ・ 私達は、真栄田岬の自然環境及び地域周辺の文化、住民環境をよく理解し活動します。
  • ・ 私達は、地域住民の生活環境を脅かすこと致しません。
  • ・ 私達は、海洋環境に住む生き物達とその生態系をおびやかすことは致しません。

※ 青の洞窟プログラム=恩納村真栄田岬青の洞窟を利用する体験ダイビング、シュノーケリング

【 活動内容 】

青の洞窟プログラム開催にあたり、引率するスタッフは「基本ルール5原則」を理解して安全かつスムーズにプログラムを行えるように実施する。事業主は引率スタッフが安全且つスムーズにプログラムを開催し他ショップと連携が取れるようにルールの周知徹底を行い。尊守する。また、定期的にスタッフ教育を行い、意識・技術等、質の向上に努める

【 基本ルール5原則 】

1. 有資格者で開催する

・ 最低ランクはシュノーケルインストラクター以上で賠償責任保険に加入
・ 全ての青の洞窟開催スタッフは事業部主催の講習会へ参加

※ 年2回実施2月・6月 開催日以外の希望者は青の洞窟事業部へ要相談

2. 人数比を守る

・ スノーケルは、スタッフ1名に対してゲスト8名、体験ダイビングは、所属する各指導団体の人数比を守る。

※ 人数比は青の洞窟プログラムに限る

3. 最低必要装備品の使用

・ 標準装備として、マスク・スノーケル・フィン・ウェットスーツ・マリンブーツ・ライフジャケット(フローティングベスト)・フロートを準備する。
・ 漂流時の緊急救命用具を携帯

※ 海面着色剤・ミラー・ストロボライト・シグナルフロート・防水信号弾・携帯電話・ホイッスル等

4. 海洋環境への配慮

・ 動植物の採取は禁止。仮に漁業権を持っていても、青の洞窟プログラム中は禁止。珊瑚をはじめ動植物への接触は極力控えること。動植物を手にとって観察した場合は必ずもとの場所にもどす。

・ ボートの係留は原則ブイを取る。但し、アンカー打ちをする場合には、スキンもしくはスクーバで海に入り水中環境に配慮した方法でサンゴや水中環境にダメージを与えないようアンカーを打つ。

・ 餌付けはなるべく控え、餌付けをする場合は添加物の入ってないエサで行う。

・ 石鹸やシャンプーの使用は極力さけ、海に流れる出ることを参加者に知らせる。

5. 地域環境への配慮

・ 真栄田岬周辺で生活する住民の環境を守り、地域文化を尊重する。

● 補則「安全かつスムーズに開催するために」

・ ORIC組合基準に順ずること

・ 真栄田岬の清掃活動
※年3回 2月・6月・11月 実施回数・開催月は要相談

・ 真栄田岬地域周辺イベントへの参加

・ 陸上や水面水中を問わず右側通行

・ ガイドをゲスト管理をしっかり行い他ショップと交差する際、進行を妨げないように注意する。

・ 挨拶の徹底

・ フィンによる砂の巻上げには注意を払うよう、参加者に呼びかける。

・ ゴミは極力出さないようにして全て持ち帰る(魚肉ソーセージ用ビニール、タバコの吸殻や灰も含む)海面、海中に落ちているゴミは極力拾う。

・ 水中撮影の際には、動植物にダメージを与えないように参加者に呼びかける。

・ エントリー、エキジット通路の確保(波打ち際通路を確保)

・ エントリー、エキジット場所の決定(要相談)

・ 真栄田岬施設でのマナー(ゲスト・機材の管理)

・ ピロティーでの配慮(他のショップの邪魔にならないように心がける等)

・ その他、必要に応じてガイドは自然環境に配慮した指示を出す。

・ プログラム参加後、参加者個人が別の事業者にて再び沖縄の海を訪れる事もあることから、同ルールでのダイビングを促す指導をする

・ 真栄田岬を利用するにあたり、地域住民の生活や仕事、行事に支障がないように心がける

・ プログラム前に参加者の健康状態を確認すると共に、プログラム用機材の確認をする。

・ 年1回、関係機関と連携して水難救助訓練やCPR訓練を行い、安全管理に関する知識、技術を常に維持する

・ ゲストが港を利用する場合は、駐車場、トイレ等の施設案内を開催ショップから事前に行い、港関係者に迷惑がかからないようにする

・ エキスパートショップ意識向上のためにショップ間の器材レンタルは有料とする

・ 加盟ショップは、青の洞窟エキスパートが普及をするように自社広告、HP等でエキスパートロゴの告知を行い、未加盟ショップには加入維持を行い健全に青の洞窟プログラムが開催できる環境を整える事に勤める

・ 青の洞窟エキスパートショップスタッフは、講習終了の証であるエキスパートのロゴを付けてツアーを開催する。

・ 加盟ショップは上記の基本ルールを尊守し、沖縄観光産業の発展、マリン業種の地位向上・雇用促進・環境保全に貢献できるように日々勤める

沖縄のダイビングリンク集



青の洞窟
青の洞窟エキスパートショップとは?